お知らせ
  • 2019年1月21日
    地盤工学会平成30年度全国大会(第53回地盤工学研究発表会)において,大谷匠さん,岸川鉄啓さん,鎌田啓市さんの3名が優秀論文発表者賞を受賞しました。
  • 2019年1月17日
    トップページ(1月・2月)の写真紹介 【雪氷科学研究室】
  • 2019年1月1日
    大学院博士前期課程1年・松田純平君が「雪氷研究大会 (2018・札幌)」の学生優秀発表賞を受賞
  • 2018年10月4日
    トップページ(10月・11月)の写真紹介 【凍土・土質研究室】
  • 2018年9月10日
    「平成30 年北海道胆振東部地震に伴う災害に関する現地調査結果(速報版)」公開のお知らせ
  • 2018年7月9日
    トップページ(7月・8月)の写真紹介 【構造・材料系研究室】

過去のお知らせをみる

JABEE

国立大学法人 北見工業大学

最北端×最先端のチャレンジ

社会基盤 人にやさしい道つくり

 

ドライビングシミュレータ

人と道路を結ぶ最先端シミュレータ。道路利用者の立場に立って、安全安心、快適な道路環境を考えます。

 

 

 

 

 

 

防災 来るべき、地震に備える

 

寒地地震

地震や津波から人々の生活や仕事を守らなければなりません。災害に強い社会環境が必要です。本学科ではそのための様々な新しい技術を研究し、学ぶことができます。

 

 

 

 

 

 

構造・材料 安全のための維持管理

 

維持管理

寒冷地にある社会基盤は交通荷重だけではなく厳しい寒冷地の気候にも曝され劣化します。我々の生活を支える重要な社会基盤を維持管理によって安全に長寿命化させることが必要です。

 

 

 

 

 

 

環境 南極からみる地球

 

南極での雪氷研究

南極にある氷床の「雪と氷」を調べることにより、現在の地球環境を研究しています。現在を理解することは将来の変動予測にとって重要です。学部の授業では雪氷学、地球科学なども学べます!

 

 

 

 

 

 

地球環境 世界自然遺産「知床」を守れ!

 

知床の自然環境保全

地球規模での環境変動を考慮し、将来予測などを通じて豊かな自然環境の保全策の提案を目指しています。

 

 

 

 

 

 

エネルギー 新エネルギー"燃える氷"に注目

 

メタンハイドレート

オホーツク海は、次世代のエネルギー資源として注目されているメタンハイドレートの宝庫です。国際的な共同研究によって各地で発見されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究紹介へ

ページの上部に戻る