お知らせ
  • 2017年9月1日
    トップページ(9月・10月)の写真紹介
  • 2017年7月1日
    トップページ(7月・8月)の写真紹介
  • 2017年6月19日
    2年生が合宿研修(発表会・現場見学)を実施しました
  • 2017年5月7日
    トップページ(5月・6月)の写真紹介
  • 2017年5月1日
    6名の学生が「優秀学生講演賞」を受賞(平成28年度土木学会北海道支部技術研究発表会)
  • 2017年4月29日
    社会環境工専攻博士前期課程2年・川俣さくらさん、田中悠暉くんが「平成28年度地盤工学会北海道支部賞(学生部門)」を、川尻峻三助教が「平成28年度地盤工学会北海道支部賞」を受賞しました。

過去のお知らせをみる

JABEE

国立大学法人 北見工業大学

富山和也助教が土木学会第71回年次学術講演会優秀講演者賞を受賞

 このたび、社会環境工学科・富山和也助教が、公益社団法人土木学会 平成28年度全国大会第71回年次学術講演会において、優秀講演者賞を受賞しました。この賞は、今後の発展が期待される研究発表を行った、若手研究者・技術者に贈られるものです。

 本講演会において、富山助教らは、独立行政法人日本学術振興会からの助成(科学研究費助成事業 若手研究(B))により実施している「生体疲労計測に基づく時間依存性を考慮した合理的な走行路面評価手法の開発」で得られた研究成果について発表しました。本研究は、本学所有の路面評価型ドライビングシミュレータによる走行試験を実施し、路面由来の精神疲労評価における、生体情報を活用した心拍変動指標の有効性とその時間依存性について検証しています。

 本研究成果は、道路走行時の精神的負担を把握することで、ドライバの疲労軽減や交通事故低減につながるとともに、道路利用者の視点を取り入れた質的満足度の高い道路整備への貢献が期待されるものです。

発表題目:
富山和也,川村 彰:路面由来の精神疲労評価における心拍変動指標の有効性と時間依存性の検証,土木学会第71回年次学術講演会(宮城県仙台市),5-095,2016年9月.

ページの上部に戻る