お知らせ
  • 2018年10月4日
    トップページ(10月・11月)の写真紹介 【凍土・土質研究室】
  • 2018年9月10日
    「平成30 年北海道胆振東部地震に伴う災害に関する現地調査結果(速報版)」公開のお知らせ
  • 2018年7月9日
    トップページ(7月・8月)の写真紹介 【構造・材料系研究室】
  • 2018年6月21日
    社会環境工専攻博士前期課程2年・岸川鉄啓君が「平成30年度資源・素材学会北海道支部春季講演会」において「若手優秀講演賞」を受賞しました。
  • 2018年5月10日
    山岸昴平君(社会環境工学専攻2年,凍土・土質研究室)と御厩敷公平君(社会環境工学専攻1年,凍土・土質研究室)が平成29年度地盤工学会北海道支部賞学生部門を受賞
  • 2018年5月1日
    トップページ(5月・6月)の写真紹介 【水工学研究室】

過去のお知らせをみる

JABEE

国立大学法人 北見工業大学

トップページ(10月・11月)の写真紹介 【凍土・土質研究室】

ここでは、本ウェブサイトのトップページで現在表示中の写真を紹介します。

 

10月・11月は「凍土・土質研究室」です。


【写真解説】

No.1  「寒冷地における補強土壁の被害メカニズム解明!」

写真は、高さ6mの補強土壁を構築した際の、作業員さん方との記念写真です。北海道のような積雪寒冷地では、土の凍上(土が膨らむ)現象により様々な被害が発生します。そういった被害のメカニズムを実物大スケールで解明しています。

 

No.2 「新たな寒冷地に適した斜面工法開発!」

北海道のような寒冷地では雨水だけでなく、融雪水などによっても斜面が崩壊してしまいます。従来の工法では長期的な斜面保護は難しいため、研究室で新たな斜面工法を開発し、実物大スケールで効果検証中です。写真は完成した斜面工法の様子です。

 

No.3 「河川堤防の実物大破壊実験!」

写真は、河川堤防の破壊メカニズムを詳細に把握するため、実物大の堤防を実際に破壊している実験の様子です。実験中は堤防内部で、どういった変化が起きているのかを、調査しています。また、常呂川や釧路川の堤防でも様々な調査を行い、破壊メカニズムの解明に取り組んでいます。

 

No.4 「3mも隆起!?地すべりの調査!」写真は、地盤調査を行っている様子です。もともとは平坦な場所ですが、地すべりによって、約3mも隆起してしまいました!そんな報告を受けて、現地での調査と原因究明に取り組んでいます。

 


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

ページの上部に戻る