お知らせ
  • 2021年10月23日
    本学大学院生が第56回地盤工学研究発表会において優秀論文発表者賞を受賞
  • 2021年10月22日
    本学大学院生が第52回日本緑化工学会大会において優秀発表賞を受賞
  • 2021年10月1日
    人事異動のお知らせ
  • 2021年7月2日
    社会環境工学プログラム大学院生が土木学会関西支部年次学術講演会で優秀発表賞を受賞
  • 2021年6月24日
    本学大学院生が2021年度資源・素材学会北海道支部若手優秀講演賞を受賞
  • 2021年5月28日
    本学大学院生が北海道雪氷賞【北の風花賞】を受賞

過去のお知らせをみる

JABEE

国立大学法人 北見工業大学

本学大学院生が第56回地盤工学研究発表会において優秀論文発表者賞を受賞

 このたび、本学大学院生である古⽮達也さん(博士前期課程社会環境工学専攻2年、指導教員:川口貴之 教授)、⼩⼭真輝さん(博士前期課程 社会環境工学専攻2年、指導教員:川尻峻三 准教授)、松下功志郎さん(博士前期課程 社会環境工学専攻2年、指導教員:川尻峻三 准教授)の3名が、2021年7月12-15日にオンラインで開催された第56回地盤工学研究発表会において優秀論文発表者賞を受賞しました。

 地盤工学研究発表会は公益社団法人地盤工学会が開催している全国規模の学術講演会であり、「地盤工学会優秀論文発表者賞」は今後の地盤工学分野を担う若手技術者及び若手研究者の活性化、研究意欲の向上を目的として設立された賞で、「地盤工学会の発展に貢献しうる優秀な論文を適切に口頭発表した」と認められた35歳以下の技術者及び研究者に贈られます。

 受賞者及び発表タイトルは以下の通りです。

古⽮達也:2層のジオセルからなるのり⾯保護⼯の浸透抑制効果に関する検討

⼩⼭真輝:河川増⽔時の橋台背⾯盛⼟流出対策⼯の試験施⼯と間隙⽔圧の観測

松下功志郎:材質・種別が異なる帯状補強材の引抜き抵抗⼒の発揮メカニズムの検討

 これらの研究は、本学が北見市から無償提供を受けているオホーツク地域創生研究パークをフィールドとして「地域と歩む防災研究センター/SAFER」で取り組んでいる積雪寒冷環境における地盤防災・減災技術に関するものです。今後も、様々な分野の教員が所属するセンターとしてのメリットを活かした研究を進め、地域の防災力向上に資する研究成果を社会に還元する次第です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左から小山くん、古矢くん、松下くん

 

ページの上部に戻る