お知らせ
  • 2022年1月6日
    本学大学院生が北海道雪氷賞【北の風花賞】を受賞
  • 2021年12月20日
    本学大学院生が2021 Regional Conference on Permafrost & 19th International Conference on Cold Region Engineeringにおいて、Student Paper Award of Meritを受賞
  • 2021年12月8日
    富山和也准教授が土木学会全国大会優秀講演者賞を受賞
  • 2021年10月23日
    本学大学院生が第56回地盤工学研究発表会において優秀論文発表者賞を受賞
  • 2021年10月22日
    本学大学院生が第52回日本緑化工学会大会において優秀発表賞を受賞
  • 2021年10月1日
    人事異動のお知らせ

過去のお知らせをみる

JABEE

国立大学法人 北見工業大学

本学大学院生が2021 Regional Conference on Permafrost & 19th International Conference on Cold Region Engineeringにおいて、Student Paper Award of Meritを受賞

このたび、本学大学院博士後期課程寒冷地・環境・エネルギー工学専攻専攻3年のDAGVADORJ OTGONJARGALさん(指導教員:中村大准教授)が、US Permafrost Association (USPA、アメリカ永久凍土学会) とAmerican Society of Civil Engineers (ASCE、アメリカ土木学会)が共同で開催した2021 Regional Conference on Permafrost & 19th International Conference on Cold Region Engineeringにおいて、Cold Region Engineering DivisionのStudent Paper Award of Meritを受賞しました。2021 Regional Conference on Permafrost & 19th International Conference on Cold Region Engineeringは新型コロナウイルス(COVID-19)感染症対策のため、2021年10月24日から29日までの期間、全てオンラインで開催されました。投稿した論文が高く評価され、受賞となりました。

受賞者:Otgonjargal Dagvadorgi

受賞題目:Deformation caused by frost heave on a rock slope of mudstone

研究概要:本研究ではのり面保護工の凍上被害が発生した泥岩からなる道路のり面において、凍結深さや凍上量、風化深度の現地計測を実施した。また、現地で採取した岩石を用いて、凍上試験とスレーキング試験も実施した。室内試験の結果から、現地で採取した岩石はスレーキングし易く、高い凍上性を有していることが明らかとなった。また、現地計測の結果から、岩盤斜面が冬期に大きく凍上し、春期に極表層が泥化して、極めて脆弱になることが明らかとなった。さらに、岩盤斜面の風化深度は凍結深さと良く一致することもわかった。一方で、岩盤斜面の風化深度は夏期には変化しておらず、乾湿繰返しによるスレーキングが発生していないことも確認できた。以上の結果から、寒冷地における岩盤斜面の脆弱化に、凍結融解履歴が大きな影響を及ぼしていることが明らかとなった。なお、本研究は本学「地域と歩む防災研究センター(SAFER)」で取り組んでいる積雪寒冷環境における地盤防災・減災技術の研究・開発に関するものです。

受賞したDAGVADORJ OTGONJARGALさん

ページの上部に戻る