お知らせ
  • 2017年11月1日
    トップページ(11月・12月)の写真紹介
  • 2017年10月2日
    石原宙くん(大学院工学研究科博士前期課程社会環境工学専攻2年) が雪氷研究大会で最優秀ポスター発表賞を受賞
  • 2017年9月1日
    トップページ(9月・10月)の写真紹介
  • 2017年7月1日
    トップページ(7月・8月)の写真紹介
  • 2017年6月19日
    2年生が合宿研修(発表会・現場見学)を実施しました
  • 2017年5月7日
    トップページ(5月・6月)の写真紹介

過去のお知らせをみる

JABEE

国立大学法人 北見工業大学

ハイドレート [ハイドレート分野]

 

研究紹介(ハイドレート研究室)

天然ガスハイドレートは、将来のエネルギー資源、また地球環境問題(メタンは温室効果ガス)の観点から注目されている物質です。ハイドレート研究室(環境・エネルギー研究推進センター)は、天然ガスハイドレートに関する研究を進めています。バイカル湖(ロシア)やサハリン島沖における海外調査を継続しており、天然ガスハイドレートの産状について調べています。また、実験室内での人工ガスハイドレート生成実験を通じて、結晶物性や生成条件などに関する理解を深めています。

 hachikubo0

担当教員

八久保 晶弘環境・エネルギー研究推進センター 教授)
ResearchGateはこちら

主な研究テーマ

天然ガスハイドレートのガス組成および安定同位体分析

 天然ガスハイドレートのゲストガスはメタンを主成分とし、エタンやプロパン、硫化水素などが含まれます。これらのガス組成、および炭化水素ガスの炭素・水素安定同位体比から、ガス起源に関する情報を得ることができます。ガスクロマトグラフおよび安定同位体比質量分析装置でバイカル湖・サハリン島沖の天然ガスハイドレートのゲストガスを調べた結果、堆積層表層の微生物起源メタンが主体であり、地点によってはエタン・プロパン濃度のやや高い熱分解起源ガスが堆積層深部から供給されて、表層型ガスハイドレートを形成していることがわかりました。

 hachikubo1

バイカル湖の天然ガスハイドレート採取地点とメタン安定同位体比

混合ガスハイドレートの熱分析

 ガスハイドレートを分解させるのに必要な熱量(解離熱)は、同じ重量の氷の融解熱より大きく、メタンハイドレートの解離熱は氷の融解熱の約1.3倍です。天然ガスは混合ガスであり、ガス組成によってハイドレートの結晶構造や物性は大きく変化します。ところが、混合ガスハイドレートの解離熱はほとんど調べられていません。ハイドレート研究室では、ガスハイドレート研究に特化した熱量計を用いて、メタン・エタン系、メタン・プロパン系、メタン・硫化水素系の混合ガスハイドレートの解離熱測定を進めてきました。

 hachikubo1

(左)サハリン島沖天然ガスハイドレートの熱分析結果 (右)メタン・エタン系混合ガスハイドレートの解離熱

ガスハイドレートのラマン分光分析

 ラマン分光分析装置を用いると、ガスハイドレートのゲストガス(水分子でできたカゴに入っているガス分子、メタンなど)に関する情報が得られます。資源量推算に関わる重要な数値であるメタンハイドレートの水和数(ガスハイドレートを構成する水分子・ガス分子のモル比)は、ラマンスペクトルの面積から求めることができます。また、ラマンスペクトルのピーク位置の違いから結晶構造の変化を知ることも可能です。

 hachikubo1

エタンに富むバイカル湖ガスハイドレートのラマンスペクトル

積雪およびガスハイドレートの比表面積(SSA)測定

 約15年前にフランスで開発されたメタン吸着式のSSA測定装置は、ハイドレート研究室で大幅に改良され、小型化・少労力化に成功しています。本来は、積雪のアルベド(反射率、雪氷圏では極めて重要)の決定要因である積雪SSAを直接測定するのが目的ですが、この装置はガスハイドレート研究にも応用可能です。メタンハイドレートの表面では、極めて微細な凹凸の存在が電子顕微鏡で観察されているのに対し、メタンハイドレートのSSA測定値は比較的小さい、という結果が得られています。

 hachikubo1

(左)メタンハイドレート表面の電子顕微鏡写真 (右)自作の比表面積(SSA)測定装置

主な研究業績

学術論文(査読付)

  1. 八久保 晶弘: サハリン島沖の海底表層型ガスハイドレート, 雪氷, 79(4), 339-348, 2017.
  2. Goto, S., M. Yamano, S. Morita, T. Kanamatsu, A. Hachikubo, S. Kataoka, M. Tanahashi, R. Matsumoto: Physical and thermal properties of mud-dominant sediment from the Joetsu Basin in the eastern margin of the Japan Sea, Marine Geophysical Research, 38(4), 393-407, doi:10.1007/s11001-017-9302-y, 2017.
  3. Krylov, A. A., O. M. Khlystov, A. Hachikubo, H. Minami, T. V. Pogodaeva, T. I. Zemskaya, M. G. Krzhizhanovskaya, L. E. Muzafarova, R. Zh. Atanyazov: Mechanism of authigenic rhodochrosite formation in the near-bottom sediments of the Saint-Petersburg-2 gas-hydrate-bearing structure (central basin of the Baikal Lake), Neftegazovaya Geologiya. Teoriya I Praktika, 12(1), doi:10.17353/2070-5379/8_2017, in Russian, 2017.
  4. Kalmychkov, G. V., B. G. Pokrovsky, A. Hachikubo, O. M. Khlystov: Geochemical Characteristics of Methane from Sediments of the Underwater High Posolskaya Bank (Lake Baikal), Lithology and Mineral Resources, 52(2), 102-110, doi:10.1134/S0024490217020055, 2017.
  5. 太田 有香, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: 細孔中に生成したメタンハイドレートの熱分析およびメタン安定同位体分析, 雪氷, 78(5), 281-290, 2016.
  6. Yanagawa, K., A. Tani, N. Yamamoto, A. Hachikubo, A. Kano, R. Matsumoto, Y. Suzuki: Biogeochemical cycle of methanol in anoxic deep-sea sediments, Microbes and Environments, doi:10.1264/jsme2.ME15204, 2016.
  7. 南 尚嗣, 坂上 寛敏, 八久保 晶弘, 山下 聡, 庄子 仁, 髙橋 信夫: サハリン北東沖の海底表層型メタンハイドレート―間隙水中の溶存イオンによるメタンフラックス評価―, 低温科学, 74, 153-161, doi:10.14943/lowtemsci.74.153, 2016.
  8. Hachikubo, A., K. Yanagawa, H. Tomaru, H. Lu, R. Matsumoto: Molecular and isotopic composition of volatiles in gas hydrates and in pore water from Joetsu Basin, eastern margin of Japan Sea, Energies, 8, 4647-4666, doi:10.3390/en8064647, 2015.
  9. Derkachev, A. N., N. A. Nikolaeva, B. V. Baranov, N. N. Barinov, A. V. Mozherovskiy, H. Minami, A. Hachikubo, H. Shoji: Manifestation of carbonate–barite mineralization around methane seeps in the Sea of Okhotsk (the western slope of the Kuril Basin), Oceanology, 55(3), 390-399, doi:10.1134/S0001437015030029, 2015.
  10. Tanikawa, T., M. Hori, T. Aoki, A. Hachikubo, K. Kuchiki, M. Niwano, S. Matoba, S. Yamaguchi, K. Stamnes: In-situ measurements of polarization properties of snow surface under the Brewster geometry in Hokkaido, Japan and northwest Greenland ice sheet, Journal of Geophysical Research: Atmospheres, doi:10.1002/2014JD022325, 2014.
  11. Takeya, S., H. Fujihisa, A. Hachikubo, H. Sakagami, Y. Gotoh: Distribution of Butane in the Host Water Cage of Structure II Clathrate Hydrates, Chemistry A European Journal, 20, doi:10.1002/chem.201403575, 2014.
  12. Hachikubo, A., S. Yamaguchi, H. Arakawa, T. Tanikawa, M. Hori, K. Sugiura, S. Matoba, M. Niwano, K. Kuchiki, T. Aoki: Effects of temperature and grain type on time variation of snow specific surface area, Bulletin of Glaciological Research, 32, 47-53, doi:10.5331/bgr.32.47, 2014.
  13. Yanagawa, K., M. Kouduka, Y. Nakamura, A. Hachikubo, H. Tomaru, Y. Suzuki: Distinct microbial communities thriving in gas hydrate-associated sediments from the eastern Japan Sea, Journal of Asian Earth Sciences, 90, 243-249, doi:10.1016/j.jseaes.2013.10.019, 2014.
  14. Minami, H., A. Hachikubo, H. Sakagami, S. Yamashita, Y. Soramoto, T. Kotake, N. Takahashi, H. Shoji, T. Pogodaeva, O. Khlystov, A. Khabuev, L. Naudts, M. De Batist: Sequentially sampled gas hydrate water, coupled with pore water and bottom water isotopic and ionic signatures at the Kukuy mud volcano, Lake Baikal: ambiguous deep-rooted source of hydrate-forming water, Geo-Marine Letters, 34(2-3), 241-251, doi:10.1007/s00367-014-0364-4, 2014.
  15. Hori, M, T. Aoki, T. Tanikawa, A. Hachikubo, K. Sugiura, K. Kuchiki, M. Niwano: Modeling angular dependent spectral emissivity of snow and ice in the thermal infrared atmospheric window, Applied Optics, 52, 7243-7255, doi:10.1364/AO.52.007243, 2013.
  16. Takeya, S., H. Fujihisa, Y. Gotoh, V. Istomin, E. Chuvilin, H. Sakagami, A. Hachikubo: Methane clathrate hydrates formed within hydrophilic and hydrophobic media: kinetics of dissociation and distortion of host structure, Journal of Physical Chemistry C, 117, 7081-7085, doi:10.1021/jp312297h, 2013.
  17. Manakov, A. Yu., O. M. Khlystov, A. Hachikubo, A. G. Ogienko: A physicochemical model for the formation of gas hydrates of different structural types in K-2 mud volcano (Kukui Canyon, Lake Baikal), Russian Geology and Geophysics, 54, 475-482, doi:10.1016/j.rgg.2013.03.009, 2013.
  18. 八久保 晶弘: 天然ガスハイドレート結晶構造に及ぼすガスの組成とその起源 ―ロシア・バイカル湖の結晶構造II型ハイドレートの例―, 低温科学, 71, 141-151, 2013.
  19. Khlystov, O., M. De Batist, H. Shoji, A. Hachikubo, S. Nishio, L. Naudts, J. Poort, A. Khabuev, O. Belousov, A. Manakov, G. Kalmychkov: Gas hydrate of Lake Baikal: Discovery and varieties, Journal of Asian Earth Sciences, 62, 162-166, doi:10.1016/j.jseaes.2012.03.009, 2013.
  20. 山下 聡, 出羽 寛信, 八久保 晶弘, 南 尚嗣, 片岡 沙都紀, 川口 貴之, 坂上 寛敏, 高橋 信夫, 庄子 仁: 表層型ガスハイドレート賦存海底・湖底地盤から採取した堆積土の土質特性-間隙水溶存ガスの気化に伴う堆積土の試料乱れ評価-, 地盤工学ジャーナル, 7(4), 503-516, doi:10.3208/jgs.7.503, 2012.
  21. Minami, H., K. Tatsumi, A. Hachikubo, S. Yamashita, H. Sakagami, N. Takahashi, H. Shoji, Y. K. Jin, A. Obzhirov, N. Nikolaeva, A. Derkachev: Possible variation in methane flux caused by gas hydrate formation off Sakhalin Island, Russia, Geo-Marine Letters, 32(5-6), 525-534, doi:10.1007/s00367-012-0287-x, 2012.
  22. Sakagami, H., N. Takahashi, A. Hachikubo, H. Minami, S. Yamashita, H. Shoji, O. Khlystov, G. Kalmychkov, M. Grachev, M. De Batist: Molecular and isotopic composition of hydrate-bound and sediment gases in the southern basin of Lake Baikal, based on an improved headspace gas method, Geo-Marine Letters, 32(5-6), 465-472, doi:10.1007/s00367-012-0294-y, 2012.
  23. Hachikubo, A., O. Khlystov, M. Kida, H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, G. Kalmychkov, J. Poort: Raman spectroscopic and calorimetric observations on natural gas hydrates obtained from southern and central Lake Baikal, Geo-Marine Letters, 32(5-6), 419-426, doi:10.1007/s00367-012-0285-z, 2012.
  24. Poort, J., O. M. Khlystov, L. Naudts, A. D. Duchkov, H. Shoji, S. Nishio, M. De Batist, A. Hachikubo, M. Kida, H. Minami, A. Y. Manakov, M. V. Kulikova, A. A. Krylov: Thermal anomalies associated with shallow gas hydrates in the K-2 mud volcano, Lake Baikal, Geo-Marine Letters, 32(5-6), 407-417, doi:10.1007/s00367-012-0292-0, 2012.
  25. 八久保 晶弘, 柳川 勝紀, 戸丸 仁, 松本 良: 日本海東縁ガスハイドレート調査(MD179)で得られた海底表層堆積物中の間隙水溶存ガス分析, 石油技術協会誌, 77(4), 268-273, doi:10.3720/japt.77.268, 2012.
  26. 戸丸 仁, 八久保 晶弘, 柳川 勝紀, 村松 康行, 安齋 博哉, G. T. Snyder, 松本 良: 日本海東縁ガスハイドレート調査(MD179)における間隙水の地球化学, 石油技術協会誌, 77(4), 262-267, doi:10.3720/japt.77.262, 2012.
  27. Hachikubo, A., S. Takeya, E. Chuvilin, V. Istomin: Preservation phenomena of methane hydrate in pore spaces, Physical Chemistry Chemical Physics, 13, 17449-17452, doi:10.1039/c1cp22353d, 2011.
  28. 海原 拓哉, 八久保 晶弘, 尾関 俊浩, 西村 浩一, 秋田谷 英次: しもざらめ雪・あられ・降雪結晶からなる弱層のせん断強度変化の観測例, 雪氷, 73(2), 133-142, 2011.
  29. Hachikubo, A., S. Takeya, E. Chuvilin, V. Istomin: Calorimetric and powder X-ray diffraction studies on dissociation of methane hydrate in porous media, Physics and Chemistry of Ice 2010, 12th International Conference on the Physics and Chemistry of Ice, 5-10 September, 2010, Sapporo, 197-202, 2011.
  30. Krylov, A.A., O.M. Khlystov, A. Hachikubo, H. Minami, Y. Nunokawa, H. Shoji, T.I. Zemskaya, L. Naudts, T.V. Pogodaeva, M. Kida, G.V. Kalmychkov, J. Poort: Isotopic composition of dissolved inorganic carbon in subsurface sediments of gas hydrate-bearing mud volcanoes, Lake Baikal: implications for methane and carbonate origin, Geo-Marine Letters, 30, 427-437, doi:10.1007/s00367-010-0190-2, 2010.
  31. Hachikubo, A., O. Khlystov, A. Krylov, H. Sakagami, H. Minami, Y. Nunokawa, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, S. Nishio, M. Kida, T. Ebinuma, G. Kalmychkov, J. Poort: Molecular and isotopic characteristics of gas hydrate-bound hydrocarbons in southern and central Lake Baikal, Geo-Marine Letters, 30, 321-329, doi:10.1007/s00367-010-0203-1, 2010.
  32. Hachikubo, A., A. Krylov, H. Sakagami, H. Minami, Y. Nunokawa, H. Shoji, T. Matveeva, Y. K. Jin, A. Obzhirov: Isotopic composition of gas hydrates in subsurface sediments from offshore Sakhalin Island, Sea of Okhotsk, Geo-Marine Letters, 30, 313-319, doi:10.1007/s00367-009-0178-y, 2010.
  33. Hachikubo, A., O. Khlystov, A. Manakov, M. Kida, A. Krylov, H. Sakagami, H. Minami, N. Takahashi, H. Shoji, G. Kalmychkov, J. Poort: Model of formation of double structure gas hydrates in Lake Baikal based on isotopic data, Geophysical Research Letters, 36, L18504, doi:10.1029/2009GL039805, 2009.
  34. 八久保 晶弘, 木田 真人, 奥田 充, 坂上 寛敏, 庄子 仁: メタン・エタンからなる混合ガスハイドレートの解離熱, 雪氷, 71(5), 341-351, 2009.
  35. Mazurenko, L.L., T.V. Matveeva, E.M. Prasolov, H. Shoji, A.I. Obzhirov, Y.K. Jin, J. Poort, E.A. Logvina, H. Minami, H. Sakagami, A. Hachikubo, A.S. Salomatin, A.N. Salyuk, E.B. Prilepskiy, CHAOS2003 Scientific Team: Gas hydrate forming fluids on the NE Sakhalin slope, Sea of Okhotsk, From: D. Long, M.A. Lovell, J.G. Rees and C.A. Rochelle (eds) Sediment-hosted gas hydrates: New Insights on Natural and Synthetic Systems, The Geological Society, London, Special Publications, 319, 51-72, doi:10.1144/SP319.5, 2009.
  36. Kida, M., A. Hachikubo, H. Sakagami, H. Minami, A. Krylov, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, O. Khlystov, J. Poort, H. Narita: Natural gas hydrates with locally different cage occupancies and hydration numbers in Lake Baikal, Geochemistry Geophysics Geosystems, 10, Q05003, doi:10.1029/2009GC002473, 2009.
  37. 八久保 晶弘, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 布川 裕, 庄子 仁, T. Matveeva, Y. K. Jin and A. Obzhirov: オホーツク海天然ガスハイドレートの同位体組成とその結晶特性, 地学雑誌, 118(1), 207-221, doi:10.5026/jgeography.118.207, 2009.
  38. 南 尚嗣, A. Krylov, 坂上 寛敏, 八久保 晶弘, 百武 欣二, 戸丸 仁, 木田 真人, 高橋 信夫, 庄子 仁, T. Matveeva, Y. K. Jin, A. Obzhirov and J. Poort: オホーツク海のメタンハイドレート含有層における間隙水の地球化学, 地学雑誌, 118(1), 194-206, doi:10.5026/jgeography.118.194, 2009.
  39. 庄子 仁, Y. K. Jin, A. Obzhirov, A. Salomatin, B. Baranov, V. Gladysh, 八久保 晶弘, 南 尚嗣, 山下 聡, 高橋 信夫: オホーツク海のメタンハイドレートとプルーム, 地学雑誌, 118(1), 175-193, doi:10.5026/jgeography.118.175, 2009.
  40. 尾関 俊浩, 八久保 晶弘, 岩花 剛, 中村 一樹, 樋口 和生, 大西 人史, 佐々木 大輔, 秋田谷 英次: 2007年11月に北海道上ホロカメットク山で連続発生した雪崩, 雪氷, 70(6), 571-580, 2008.
  41. Krylov, A.A., O.M. Khlystov, T.I. Zemskaya, H. Minami, A. Hachikubo, H. Shoji, M. Kida, T.P. Pogodaeva, L. Naudts, J. Poort: Crystallization of authigenic carbonates in the mud volcanoes at Lake Baikal, Geochemistry International, 46(10), 985-995, doi:10.1134/S0016702908100030, 2008.
  42. Krylov, A., O. Khlystov, T. Zemskaya, H. Minami, A. Hachikubo, Y. Nunokawa, M. Kida, H. Shoji, L. Naudts, J. Poort, T. Pogodaeva: First discovery and formation process of authigenic siderite from gas hydrate-bearing mud volcanoes in fresh water: Lake Baikal, Eastern Siberia, Geophysical Research Letters, 35, L05405, doi:10.1029/2007GL032917, 2008.
  43. Hachikubo, A., T. Kosaka, M. Kida, A. Krylov, H. Sakagami, H. Minami, N. Takahashi, H. Shoji: Isotopic fractionation of methane and ethane hydrates between gas and hydrate phases, Geophysical Research Letters, 34, L21502, doi:10.1029/2007GL030557, 2007.
  44. Aoki, T., M. Hori, H. Motoyoshi, T. Tanikawa, A. Hachikubo, K. Sugiura, T. J. Yasunari, R. Storvold, A. Eide, K. Stamnes, W. Li, J. Nieke, Y. Nakajima, F. Takahashi: ADEOS-II/GLI snow/ice products – Part II: Validation results using GLI and MODIS data, Remote Sensing of Environment, 111, 274-290, doi:10.1016/j.rse.2007.02.035, 2007.
  45. Kida, M., H. Sakagami, N. Takahashi, A. Hachikubo, H. Shoji, Y. Kamata, T. Ebinuma, H. Narita, S. Takeya: Estimation of gas composition and cage occupancies in CH4-C2H6 hydrates by CP-MAS 13C NMR Technique, Journal of the Japan Petroleum Institute, 50(3), 132-138, doi:10.1627/jpi.50.132, 2007.
  46. Kida, M., O. Khlystov, T. Zemskaya, N. Takahashi, H. Minami, H. Sakagami, A. Krylov, A. Hachikubo, S. Yamashita, H. Shoji, J. Poort, L. Naudts: Coexistence of structure I and II gas hydrates in Lake Baikal suggesting gas sources from microbial and thermogenic origin, Geophysical Research Letters, 33, L24603, doi:10.1029/2006GL028296, 2006.
  47. Tanikawa, T., T. Aoki, M. Hori, A. Hachikubo, O. Abe and M. Aniya: Monte Carlo simulations of spectral albedo for artificial snowpacks composed of spherical and non-spherical particles, Applied Optics, 45(21), 5310-5319, doi:10.1364/AO.45.005310, 2006.
  48. Hori, M., T. Aoki, T. Tanikawa, H. Motoyoshi, A. Hachikubo, K. Sugiura, T. J. Yasunari, H. Eide, R. Storvold, Y. Nakajima, F. Takahashi: In-situ measured spectral directional emissivity of snow and ice in the 8-14 μm atmospheric window, Remote Sensing of Environment, 100(4), 486-502, doi:10.1016/j.rse.2005.11.001, 2006.
  49. Takeya, S., M. Kida, H. Minami, H. Sakagami, A. Hachikubo, N. Takahashi, H. Shoji, V. Soloviev, K. Wallmann, N. Biebow, A. Obzhirov, A. Salomatin, J. Poort: Structure and thermal expansion of natural gas clathrate hydrates, Chemical Engineering Science, 61, 2670-2674, doi:10.1016/j.ces.2005.11.049, 2006.
  50. Kataoka, S., O. Kitamura, K. Hyakutake, K. Abe, A. Hachikubo, H. Shoji: Formation experiments of CO2 hydrate chimney in a pressure cell, Polar Meteorology and Glaciology, 19, 42-49, 2005.
  51. Takeya, S., T. Uchida, Y. Kamata, J. Nagao, M. Kida, H. Minami, H. Sakagami, A. Hachikubo, N. Takahashi, H. Shoji, O. Khlystov, M. Grachev, V. Soloviev: Lattice expansion of clathrate hydrates of methane mixtures and natural gas, Angewandte Chemie International Edition, 44, 6928-6931, doi:10.1002/anie.200501845, 2005.
  52. Kokhanovsky, A.A., T. Aoki, A. Hachikubo, M. Hori, E.P. Zege: Reflective properties of natural snow: approximate asymptotic theory versus in situ measurements, IEEE Transactions on Geoscience and Remote Sensing, 43(7), 1529-1535, doi:10.1109/TGRS.2005.848414, 2005.
  53. Shoji, H., V. Soloviev, T. Matveeva, L. Mazurenko, H. Minami, A. Hachikubo, H. Sakagami, K. Hyakutake, V. Kaulio, V. Gladysch, E. Logvina, A. Obzhirov, B. Baranov, O. Khlystov, N. Biebow, J. Poort, Y. K. Jin, Y. Kim, other CHAOS project members: Hydrate bearing structures mapped in the Sea of Okhotsk (CHAOS project), Eos, Transactions, American Geophysical Union, 86(2), 13-24, doi:10.1029/2005EO020001, 2005.
  54. Hirashima, H., K. Nishimura, E. Baba, A. Hachikubo, M. Lehning: SNOWPACK model simulations for snow in Hokkaido, Japan, Annals of Glaciology, 38, 123-129, doi:10.3189/172756404781815121, 2004.
  55. Hachikubo, A., K. Yamada, T. Miura, K. Hyakutake, K. Abe, H. Shoji: Formation and dissociation processes of gas hydrate composed of methane and carbon dioxide below freezing, Ocean and Polar Research, 26(3), 515-521, 2004.
  56. Ozeki, T., K.Kose, T.Haishi, S.Nakatsubo, K.Nishimura, A. Hachikubo: Three-dimensional MR microscopy of snowpack structures, Cold Regions Science and Technology, 37(3), 385-391, doi:10.1016/S0165-232X(03)00078-8, 2003.
  57. Aoki, T., A. Hachikubo, M. Hori: Effects of snow physical parameters on shortwave broadband albedos, Journal of Geophysical Research, 108(D19), 4616, doi:10.1029/2003JD003506, 2003.
  58. Hachikubo, A.: Numerical modelling of surface hoar growth and comparison with field measurements, Annals of Glaciology, 32, 27-32, doi:10.3189/172756401781819265, 2001.
  59. McElwaine, J., A. Hachikubo, M. Nemoto, T. Kaihara, T. Yamada, K. Nishimura: Observations and simulations of the formation of the faceted snow crystals in the weak-layer of the 1998 Niseko Haru no Taki avalanche. Cold Regions Science and Technology, 31(3), 235-247, doi:10.1016/S0165-232X(00)00018-5, 2000.
  60. Hachikubo, A., H. Arakawa, K. Nishida, T. Fukuzawa, E. Akitaya: Section planes of snow specimens visualized with sudan black B, Polar Meteorology and Glaciology, 14, 103-109, 2000.
  61. Hachikubo, A., S. Hashimoto, M. Nakawo, K. Nishimura: Isotopic mass fractionation of snow due to depth hoar formation, Polar Meteorology and Glaciology, 14, 1-7, 2000.
  62. 八久保 晶弘, 橋本 重将, 中尾 正義, 本山 秀明, 鈴木 啓助, 西村 浩一: 霜結晶による積雪表層の安定同位体分別過程, 雪氷, 62(3), 265-277, doi:10.5331/seppyo.62.265, 2000.
  63. Aoki, Te., Ta. Aoki, M. Fukabori, A. Hachikubo, Y. Tachibana, F. Nishio: Effects of snow physical parameters on spectral albedo and bidirectional reflectance of snow surface, Journal of Geophysical Research, 105(D8), 10219-10236, doi:10.1029/1999JD901122, 2000.
  64. Hachikubo, A., E. Akitaya: Daytime preservation of surface hoar crystals, Annals of Glaciology, 26, 22-26, doi:10.3189/172756401781819265, 1998.
  65. Hachikubo, A., H. Motoyama, K. Suzuki, E. Akitaya: Fluctuation of δ18O of surface snow with surface hoar and depth hoar formation, Proceedings of the NIPR Symposium on Polar Meteorology and Glaciology, 11, 94-102, 1997.
  66. Hachikubo, A., E. Akitaya: Effect of wind on surface hoar growth on snow, Journal of Geophysical Research, 102(D4), 4367-4373, doi:10.1029/96JD03456, 1997.

国際会議発表(研究室関連、2010年以降)

  1. Hachikubo, A., Y. Oota, H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, O. Khlystov, A. Manakov, G. Kalmychkov, M. De Batist: Double structure gas hydrates discovered at the southern basin of Lake Baikal, 13th International Conference on Gas in Marine Sediments, 19-22 September, 2016, Tromsø, Norway, 2016年9月.
  2. Hachikubo, A., S. Takeya, M. Konishi, H. Sakagami, S. Yamasaki, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji: Natural gas hydrates retrieved off Abashiri (eastern Hokkaido), the Sea of Okhotsk, 13th International Conference on Gas in Marine Sediments, 19-22 September, 2016, Tromsø, Norway, 2016年9月.
  3. Hachikubo, A., Y. Oota, S. Takeya, M. Konishi, H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, Y. K. Jin, O. Vereshchagina, A. Obzhirov: Hydrate-bound thermogenic methane retrieved at the Tatar Trough, off southwestern Sakhalin Island, 13th International Conference on Gas in Marine Sediments, 19-22 September, 2016, Tromsø, Norway, 2016年9月.
  4. Hachikubo, A., Y. K. Jin, S. Takeya, O. Vereshchagina, H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, A. Obzhirov: Characteristics of natural gas hydrates retrieved from Tatarsky Trough, off the south western Sakhalin Island, The 8th International Conference on Asian Marine Geology (ICAMG-8), 5-10 October, 2015, Jeju Island, Korea, 2015年10月.
  5. Oota, Y., A. Hachikubo, S. Takeya: Micro-pore effect on dissociation process of methane hydrate and isotopic fractionation of guest molecules, The 6th Vereshchagin Baikal Conference, 7-12 September, 2015, Irkutsk, Russia, 2015年9月.
  6. Oota, Y., A. Hachikubo, S. Takeya: Secondary formation of sII gas hydrate during dissociation of sI mixed-gas hydrate composed of methane and ethane, The 6th Vereshchagin Baikal Conference, 7-12 September, 2015, Irkutsk, Russia, 2015年9月.
  7. Hachikubo, A., Y. Oota, Y. Shimizu, S. Takeya, H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, O. Khlystov, M. De Batist: Effect of water depth on hydration number of methane hydrate, The 6th Vereshchagin Baikal Conference, 7-12 September, 2015, Irkutsk, Russia, 2015年9月.
  8. Hachikubo, A., Y. Oota, Y. Shimizu, S. Takeya, H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, O. Khlystov, M. De Batist: Regional characteristics of hydrate-bound hydrocarbons in Lake Baikal, The 6th Vereshchagin Baikal Conference, 7-12 September, 2015, Irkutsk, Russia, 2015年9月.
  9. Hachikubo, A., H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, Y. K. Jin, O. Vereshchagina, A. Obzhirov: Gas hydrate characteristics retrieved off southeastern and southwestern Sakhalin Island, 12th International Conference on Gas in Marine Sediments, 1 – 6 September, 2014, Taipei, Taiwan, 2014年9月.
  10. Hachikubo, A., S. Yamaguchi, T. Aoki: BET method by Japanese Team, Intercomparison of Snow Grain Size Measurements Workshop, 4-5 August, 2014, Reading, UK, 2014年8月.
  11. Hachikubo, A., S. Takeya: Raman Spectra of isobutane, n‐butane, and neopentane as guest molecules of the structure II crathrate hydrate, 13th International Conference on the Physics and Chemistry of Ice (PCI-2014), 17-20 March, 2014, Hanover, USA, 2014年3月.
  12. Hachikubo, A., S. Yamaguchi, H. Arakawa, T. Tanikawa, M. Hori, K. Sugiura, M. Niwano, K. Kuchiki, T. Aoki: Investigation of adsorbent for a measurement of snow specific surface area by the gas-adsorption method, International Snow Science Workshop, 7-11 October, 2013, Grenoble, France, 2013年10月.
  13. Hachikubo, A., H. Arakawa, S. Yamaguchi, T. Tanikawa, M. Hori, K. Sugiura, M. Niwano, K. Kuchiki, T. Aoki: Measurement of snow specific surface area by the BET theory ― investigation of suitable adsorbent for field use ―, Snow Grain Size Workshop ― Measurements and Applications ―, 2-5 April, 2013, Grenoble, France, 2013年4月.
  14. Hachikubo, A.: Measurement of the specific surface area of snow by using gas adsorption method, The 3rd Snow Impurity and Glacial Microbe effects on the abrupt warming in the Arctic (SIGMA) Workshop in Tazawako, 6-8 March, 2013, Tazawako, Japan, 2013年3月.
  15. Hachikubo, A., H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, Y. K. Jin, O. Vereshchagina, A. Obzhirov: Characteristics of hydrate-bound gas and dissolved gas in pore water off Sakhalin Island, Sea of Okhotsk, 11th International Conference on Gas in Marine Sediments, 4 – 7 September, 2012, Nice, France, 2012年9月.
  16. Hachikubo, A., H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, Y. K. Jin, O. Vereshchagina, A. Obzhirov: Natural gas hydrate in subsurface sediments obtained from offshore Sakhalin Island, Sea of Okhotsk – molecular and isotopic signatures of hydrate-bound hydrocarbons -, 6th Arctic Frontiers Conference “Energies of the High North”, 22-27 January, 2012, Tromso, Norway, 2012年1月.
  17. Hachikubo, A., H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, Y. K. Jin, O. Vereshchagina, A. Obzhirov: Molecular and isotopic signatures of hydrate-bound gases retrieved from offshore of Sakhalin Island, Sea of Okhotsk, International Workshop on the Korea-Russia-Japan Sakhalin Slope Gas Hydrate (SSGH) Project, 12-16 December, 2011, Jeju, Korea, 2011年12月.
  18. Hachikubo, A., H. Tomaru, R. Matsumoto: Molecular and isotopic characteristics of hydrocarbons in sediments and gas hydrate at eastern margin of Japan Sea, 7th International Conference on Gas Hydrates, 17-21 July, 2011, Edinburgh, UK, 2011年7月.
  19. Hachikubo, A., K. Tatsumi, H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, Y. K. Jin, O. Vereshchagina, A. Obzhirov: Molecular and isotopic compositions of hydrate-bound hydrocarbons in subsurface sediments from offshore Sakhalin Island, Sea of Okhotsk, 7th International Conference on Gas Hydrates, 17-21 July, 2011, Edinburgh, UK, 2011年7月.
  20. Hachikubo, A., H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, O. Khlystov, M. DeBatist, Y. K. Jin, A. Obzhirov: Molecular and isotopic compositions of gas hydrates at the Sea of Okhotsk and Lake Baikal, 3rd International Workshop on Gas Hydrate Studies and Other Related Topics – Okhotsk Sea and Lake Baikal -, 25 January, 2011, Kitami, Japan, 2011年1月.
  21. Hachikubo, A., O. Khlystov, H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, G. Kalmychkov, J. Poort: Isotopic fractionation of hydrate-bound hydrocarbons in the subbottom sediments of Lake Baikal, 2010 AGU Fall Meeting, 13-17 December, 2010, San Francisco, USA, 2010年12月.
  22. Okuda, M., A. Hachikubo, H. Shoji: Dissociation heat of mixed-gas hydrate composed of methane, ethane and propane, 10th International Conference on Gas in Marine Sediments, 6 – 12 September, 2010, Listvyanka, Russia, 2010年9月.
  23. Hachikubo, A., O. Khlystov, H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, G. Kalmychkov, J. Poort: Crystallographic properties of natural gas hydrate in the southern and central Lake Baikal, 10th International Conference on Gas in Marine Sediments, 6 – 12 September, 2010, Listvyanka, Russia, 2010年9月.
  24. Hachikubo, A., H. Sakagami, H. Minami, S. Yamashita, N. Takahashi, H. Shoji, Y. K. Jin, A. Obzhirov: Heterogeneous molecular composition of hydrate-bound gas in subsurface sediments from offshore Sakhalin Island, Sea of Okhotsk, 10th International Conference on Gas in Marine Sediments, 6 – 12 September, 2010, Listvyanka, Russia, 2010年9月.
  25. Hachikubo, A., S. Takeya, E. Chuvilin, V. Istomin: Calorimetric studies on dissociation of methane hydrate in porous media, 12th International Conference on the Physics and Chemistry of Ice, 5 – 10 September, 2010, Sapporo, 2010年9月.
  26. Hachikubo, A.: Natural gas hydrates in submarine and sublacustrine sediment, 4th Annual Japanese-French Frontiers of Science Symposium, 21-24 January, 2010, Futuroscope – Poitiers, France, 2010年1月.

国内学会発表(研究室関連、2010年以降)

  1. 松田 純平, 八久保 晶弘, 小関 貴弘, 竹谷 敏: 発表題目:メタン・エタン系混合ガスハイドレートのエタン水素同位体分別, 第9回メタンハイドレート総合シンポジウム(CSMH-9), つくば, 2017年10月.
  2. 小関 貴弘, 八久保 晶弘, 菊池 優樹, 竹谷敏: 海底・湖底環境下におけるメタンハイドレートの水素同位体分別過程解明を目指した実験的研究, 第9回メタンハイドレート総合シンポジウム(CSMH-9), つくば, 2017年10月.
  3. 八久保 晶弘, 柿崎 圭人, 松田 純平, 吉野 勇作, 百武 欣二, 小西 正朗, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, 仁科 健二, 美坂 正, 板谷 和彦: オホーツク海枝幸沖および網走沖のガスプルームに関する地球化学的特徴, 第9回メタンハイドレート総合シンポジウム(CSMH-9), つくば, 2017年10月.
  4. 八久保 晶弘, 柿崎 圭人, 松田 純平, 菊池 優樹, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, O. Khlystov, G. Kalmychkov, M. De Batist: バイカル湖南湖盆に産する天然ガスハイドレートの特徴について, 第9回メタンハイドレート総合シンポジウム(CSMH-9), つくば, 2017年10月.
  5. 松田 純平, 八久保 晶弘, 小関 貴弘, 竹谷 敏: 結晶構造II型ハイドレートに包接されるエタンの水素同位体分別, 雪氷研究大会2017・十日町, 十日町, 2017年9月.
  6. 佐藤 洸介, 八久保 晶弘, 小関 貴弘, 竹谷 敏: 珪藻を混ぜて生成したメタンハイドレートのメタン炭素同位体分別の含水率依存性, 雪氷研究大会2017・十日町, 十日町, 2017年9月.
  7. 川口 瑞樹, 八久保 晶弘, 柿崎 圭人, 竹谷 敏: 二酸化硫黄ハイドレートのラマン分光分析 -積雪した火山にガスハイドレートが存在する可能性-, 雪氷研究大会2017・十日町, 十日町, 2017年9月.
  8. 菊池 優樹, 八久保 晶弘, 小関 貴弘, 竹谷 敏: 安定同位体の異なるメタンをゲストガスとするハイドレートの相図, 雪氷研究大会2017・十日町, 十日町, 2017年9月.
  9. 吉野 雄作, 八久保 晶弘, 山口 悟. 青木 輝夫: 長期保存下における氷粒子の比表面積の減少速度, 雪氷研究大会2017・十日町, 十日町, 2017年9月.
  10. 柿崎 圭人, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: メタン・硫化水素系混合ガスハイドレートにおける結晶構造I型大小ケージのラマンピーク面積比について, 雪氷研究大会2017・十日町, 十日町, 2017年9月.
  11. 小関 貴弘, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: 海底・湖底の温度環境における人工メタンハイドレートの安定同位体分別, 雪氷研究大会2017・十日町, 十日町, 2017年9月.
  12. 八久保 晶弘, 菊池 優樹, 竹谷 敏: 重水素置換されたホスト・ゲストによるメタンハイドレートのラマン分光分析, 雪氷研究大会2017・十日町, 十日町, 2017年9月.
  13. 八久保 晶弘, 山口 悟, 白川 龍生, 青木 輝夫: ぬれざらめ雪の比表面積測定, 雪氷研究大会2017・十日町, 十日町, 2017年9月.
  14. 柿崎 圭人, 八久保 晶弘, 竹谷 敏, Y. K. Jin, A. Obzhirov, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡: ゲストガスの硫化水素が天然ガスハイドレートの水和数の推定に及ぼす影響, 日本エネルギー学会第26回大会, 名古屋, 2017年8月.
  15. 小関 貴弘, 八久保 晶弘, 大野 浩, 竹谷 敏: ガスハイドレート生成時のゲスト分子の安定同位体分別に関する考察, 日本エネルギー学会第26回大会, 名古屋, 2017年8月.
  16. 柿崎 圭人, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: メタン・硫化水素系混合ガスハイドレートのラマン分光分析, 日本地球惑星科学連合2017年大会, 幕張, 2017年5月.
  17. 小関 貴弘, 八久保 晶弘, 大野 浩, 竹谷 敏: 窒素ハイドレート生成時のゲストガス安定同位体分別過程, 日本地球惑星科学連合2017年大会, 幕張, 2017年5月.
  18. 八久保 晶弘, 柿崎 圭人, 大野 浩, 竹谷 敏: N2、O2およびArハイドレートの解離熱測定, 日本地球惑星科学連合2017年大会, 幕張, 2017年5月.
  19. 八久保 晶弘, 山﨑 亮, 北 桃生, 竹谷 敏, O. Khlystov, G. Kalmychkov, M. De Batist, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡: バイカル湖南湖盆の湖底表層型ガスハイドレートの多様性, 日本地球惑星科学連合2017年大会, 幕張, 2017年5月.
  20. 柿崎 圭人, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: メタン・硫化水素混合ガスハイドレートにおけるゲストガス分子の占有性, 日本雪氷学会北海道支部研究発表会, 札幌, 2017年5月.
  21. 八久保 晶弘, 谷本 純香, 山﨑 亮, 北 桃生, O. Khlystov, G. Kalmychkov, M. De Batist, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡: 天然ガスハイドレート生成時のメタン炭素安定同位体分別 ―バイカル湖南湖盆のハイドレート含有湖底堆積物の例―, 日本雪氷学会北海道支部研究発表会, 札幌, 2017年5月.
  22. 八久保 晶弘: 表層型ガスハイドレートの分布、産状とその起源, 文部科学省 ポスト「京」重点課題5「エネルギーの高効率な創出,変換・貯蔵,利用の新規基盤技術の開発」第3回公開シンポジウム, 東京, 2016年12月.
  23. 内田 夢希, 八久保 晶弘, 竹谷 敏, 青木 輝夫: 高圧条件下における氷球およびガスハイドレートの比表面積の時間変化, 第8回メタンハイドレート総合シンポジウム(CSMH-8), 東京, 2016年12月.
  24. 太田 有香, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: メタン・エタン系混合ガスハイドレート解離時の二次生成にともなうエタン安定同位体分別, 第8回メタンハイドレート総合シンポジウム(CSMH-8), 東京, 2016年12月.
  25. 小関 貴弘, 八久保 晶弘: 人工メタンハイドレート生成時のゲストガス安定同位体分別係数の温度依存性, 第8回メタンハイドレート総合シンポジウム(CSMH-8), 東京, 2016年12月.
  26. 八久保 晶弘, 三輪 昌輝, 坂上 寛敏, 百武 欣二, 南 尚嗣, 山下 聡, 板谷 和彦, 美坂 正, 山口 幹人, 仁科 健二: オホーツク海南縁部のガスプルーム周辺の堆積物ガス分析, 第8回メタンハイドレート総合シンポジウム(CSMH-8), 東京, 2016年12月.
  27. 八久保 晶弘, 太田 有香, Y. K. Jin, A. Obzhirov, 竹谷 敏, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, 髙橋 信夫, 庄子 仁: サハリン島南西沖タタールトラフで採取された天然ガスハイドレートの特徴について, 第8回メタンハイドレート総合シンポジウム(CSMH-8), 東京, 2016年12月.
  28. 内田 夢希, 八久保 晶弘, 竹谷 敏, 青木 輝夫: 高圧条件下におけるガスハイドレートおよび氷球の比表面積測定, 低温科学研究所・氷科学研究会共同研究集会「H2Oを科学する・2016」, 札幌, 2016年12月.
  29. 小関 貴弘, 八久保 晶弘: MH生成時におけるメタン安定同位体分別係数の温度依存性,低温科学研究所・氷科学研究会共同研究集会「H2Oを科学する・2016」, 札幌, 2016年12月.
  30. 内田 夢希, 八久保 晶弘, 山口 悟, 青木 輝夫: 氷球の比表面積減少速度の圧力依存性, 第39回極域気水圏シンポジウム, 東京, 2016年11月.
  31. 八久保 晶弘, 山口 悟, 白川 龍生, 青木 輝夫: 雪質ごとの積雪比表面積の減少速度について, 第39回極域気水圏シンポジウム, 東京, 2016年11月.
  32. 谷本 純香, 太田 有香, 八久保 晶弘, 竹谷 敏, 小西 正朗, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡: メタンハイドレート生成時のゲストガス安定同位体分別に及ぼす堆積物の効果, 雪氷研究大会2016・名古屋, 名古屋, 2016年9月.
  33. 小久保 賢悟, 八久保 晶弘, 大野 浩, 竹谷 敏: 窒素および酸素ハイドレートの解離熱, 雪氷研究大会2016・名古屋, 名古屋, 2016年9月.
  34. 柿崎 圭人, 八久保 晶弘, Y. K. Jin, A. Obzhirov, 竹谷 敏, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡: 天然ガスハイドレートの水和数の水深依存性, 雪氷研究大会2016・名古屋, 名古屋, 2016年9月.
  35. 及川 春佳, 八久保 晶弘, Y. K. Jin, A. Obzhirov, 竹谷 敏, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡: サハリン島南西沖および北海道網走沖の天然ガスハイドレートの解離熱測定, 雪氷研究大会2016・名古屋, 名古屋, 2016年9月.
  36. 山﨑 亮, 八久保 晶弘, 大野 浩, 竹谷 敏: 窒素ハイドレート生成時の窒素安定同位体分別, 雪氷研究大会2016・名古屋, 名古屋, 2016年9月.
  37. 内田 夢希, 八久保 晶弘, 竹谷 敏, 青木 輝夫: 高圧条件下における氷球およびガスハイドレートの比表面積の減少過程, 雪氷研究大会2016・名古屋, 名古屋, 2016年9月.
  38. 太田 有香, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: メタン・エタン系混合ガスハイドレート解離時における結晶構造の変化とゲストガス安定同位体分別, 雪氷研究大会2016・名古屋, 名古屋, 2016年9月.
  39. 八久保 晶弘, 太田 有香, 竹谷 敏, O. Khlystov, G. Kalmychkov, A. Manakov, M. De Batist, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, 髙橋 信夫, 庄子 仁: バイカル湖南湖盆Kedrovayaにおけるメタン・エタン混合ガスハイドレートの生成過程, 雪氷研究大会2016・名古屋, 名古屋, 2016年9月.
  40. 八久保 晶弘, 山口 悟, 白川 龍生, 青木 輝夫: 季節積雪の比表面積の経時変化 -北海道・北見における2015-2016シーズンの積雪観測-, 雪氷研究大会2016・名古屋, 名古屋, 2016年9月.
  41. 八久保 晶弘, 山口 悟, 白川 龍生, 青木 輝夫: 濡れ雪の比表面積測定に関するガス吸着法の適用とその問題点, 雪氷研究大会2016・名古屋, 名古屋, 2016年9月.
  42. 太田 有香, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: 結晶構造II型のメタン・エタン混合ガスハイドレート生成時におけるエタン安定同位体分別, 日本地球惑星科学連合2016年大会, 幕張, 2016年5月.
  43. 太田 有香, 八久保 晶弘, O. Khlystov, G. Kalmychkov, M. De Batist, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, 高橋 信夫, 庄子 仁: バイカル湖天然ガスハイドレートの水和数の圧力依存性, 日本地球惑星科学連合2016年大会, 幕張, 2016年5月.
  44. 八久保 晶弘, 竹谷 敏, 小西 正朗, 坂上 寛敏, 山崎 新太郎, 南 尚嗣, 山下 聡, 高橋 信夫, 庄子 仁: オホーツク海網走沖の天然ガスハイドレートの特徴, 日本地球惑星科学連合2016年大会, 幕張, 2016年5月.
  45. 八久保 晶弘, 太田 有香, 竹谷 敏, O. Vereshchagina, Y. K. Jin, A. Obzhirov, 小西 正朗, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, 高橋 信夫, 庄子 仁: 熱分解起源メタンを包接する結晶構造I型の天然ガスハイドレートの特徴, 日本地球惑星科学連合2016年大会, 幕張, 2016年5月.
  46. 太田 有香, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: メタン・エタン混合ガスハイドレート解離時のエタン安定同位体分別, 日本雪氷学会北海道支部研究発表会, 札幌, 2016年5月.
  47. 八久保 晶弘, 太田 有香, 森下 裕士, O. Khlystov, G. Kalmychkov, M. De Batist, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, 髙橋 信夫, 庄子 仁: バイカル湖南湖盆の結晶構造II型天然ガスハイドレート, 日本雪氷学会北海道支部研究発表会, 札幌, 2016年5月.
  48. 内田 夢希, 八久保 晶弘: 高圧下でのハイドレートおよび氷球の比表面積の変化, The 6th Snow Impurity and Glacial Microbe effects on the abrupt warming in the Arctic (SIGMA) Workshop in Memanbetsu, 女満別, 2016年3月.
  49. 八久保 晶弘, 鈴木 貴文, 白川 龍生: しもざらめ化にともなう積雪SSAの減少過程~北見工大における雪氷気象観測より~, The 6th Snow Impurity and Glacial Microbe effects on the abrupt warming in the Arctic (SIGMA) Workshop in Memanbetsu, 女満別, 2016年3月.
  50. 八久保 晶弘, 太田 有香, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, 庄子 仁, 高橋 信夫, O. Khlystov, G. Kalmychkov, M. De Batist: ロシア・バイカル湖天然ガスハイドレートの結晶特性および包接ガスの多様性, 第7回メタンハイドレート総合シンポジウム(CSMH-7), 東京, 2015年12月.
  51. 八久保 晶弘, 坂上 寛敏, 竹谷 敏, 山崎 新太郎, 南 尚嗣, 山下 聡, 庄子 仁, 高橋 信夫: オホーツク海網走沖で得られた天然ガスハイドレートの結晶学的特徴および包接ガス特性, 第7回メタンハイドレート総合シンポジウム(CSMH-7), 東京, 2015年12月.
  52. 伏屋 豪, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: ヘキサン異性体を包接したガスハイドレートのラマン分光分析, 雪氷研究大会2015・松本, 松本, 2015年9月.
  53. 長谷川 拓海, 太田 有香, 清水 勇希, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: メタンハイドレートの水和数に及ぼす温度・圧力(水深)の影響, 雪氷研究大会2015・松本, 松本, 2015年9月.
  54. 辻 瑛一, 太田 有香, 清水 勇希, 八久保 晶弘: メタンハイドレート生成時のゲストガス安定同位体分別の温度・圧力依存性, 雪氷研究大会2015・松本, 松本, 2015年9月.
  55. 内田 夢希, 清水 勇希, 八久保 晶弘, 竹谷 敏, 青木 輝夫: 長期保存下におけるメタンハイドレート比表面積の減少過程, 雪氷研究大会2015・松本, 松本, 2015年9月.
  56. 太田 有香, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: メタン・エタン系混合ガスハイドレート解離過程におけるゲストガス安定同位体分別, 雪氷研究大会2015・松本, 松本, 2015年9月.
  57. 太田 有香, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: メソ細孔中のメタンハイドレートの安定同位体分別, 雪氷研究大会2015・松本, 松本, 2015年9月.
  58. 清水 勇希, 八久保 晶弘, 大野 浩, 竹谷 敏, 青木 輝夫: メタンハイドレート表面へのメタン吸着に関する検討, 雪氷研究大会2015・松本, 松本, 2015年9月.
  59. 八久保 晶弘, 太田 有香, G. Kalmychkov, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, 高橋 信夫, 庄子 仁, O. Khlystov, M. De Batist: バイカル湖南湖盆・中央湖盆の天然ガスハイドレートに含まれるエタンの起源, 雪氷研究大会2015・松本, 松本, 2015年9月.
  60. 八久保 晶弘, 太田 有香, 内田 夢希, O. Vereshchagina, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, 高橋 信夫, 庄子 仁, 竹谷 敏, Y. K. Jin, B. Baranov, N. Nikolaeva, A. Obzhirov: サハリン島南西沖の天然ガスハイドレートのガス起源について, 雪氷研究大会2015・松本, 松本, 2015年9月.
  61. 八久保 晶弘, 山口 悟, 堀 雅裕, 谷川 朋範, 杉浦 幸之助, 的場 澄人, 庭野 匡思, 朽木 勝幸, 青木 輝夫: ガス吸着式積雪比表面積測定装置の改良, 雪氷研究大会2015・松本, 松本, 2015年9月.
  62. 太田 有香, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: 構造I型結晶のメタン・エタン混合ガスハイドレートの解離時における構造II型結晶の二次生成, 日本エネルギー学会第24回大会, 札幌, 2015年8月.
  63. 清水 勇希, 八久保 晶弘, 大野 浩, 竹谷 敏, 青木 輝夫: ガス吸着法を用いた各種ガスハイドレートの比表面積測定, 日本エネルギー学会第24回大会, 札幌, 2015年8月.
  64. 八久保 晶弘, 淀川 貴雅, 堀 彰, 竹谷 敏: ハイドレートに包接された炭化水素ガスのラマンシフト, 日本エネルギー学会第24回大会, 札幌, 2015年8月.
  65. 太田 有香, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: 結晶構造I型のメタン・エタン混合ガスハイドレート解離時における結晶構造II型の結晶二次生成, 日本地球惑星科学連合2015年大会, 幕張, 2015年5月.
  66. 太田 有香, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: メタンハイドレート解離特性およびゲストガス安定同位体分別に及ぼす細孔効果, 日本地球惑星科学連合2015年大会, 幕張, 2015年5月.
  67. 八久保 晶弘, O. Vereshchagina, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, 高橋 信夫, 庄子 仁, Y. K. Jin, A. Obzhirov: サハリン島沖ガスハイドレート胚胎域の間隙水溶存ガス, 日本地球惑星科学連合2015年大会, 幕張, 2015年5月.
  68. 八久保 晶弘, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, 高橋 信夫, 庄子 仁, O. Khlystov, G. Kalmychkov, M. De Batist: バイカル湖中央湖盆北部の天然ガスハイドレートの特徴, 日本地球惑星科学連合2015年大会, 幕張, 2015年5月.
  69. 太田 有香, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: シリカゲル細孔に生成したMHの熱分析および安定同位体分析, 日本雪氷学会北海道支部研究発表会, 札幌, 2015年5月.
  70. 八久保 晶弘, 山口 悟, 堀 雅裕, 谷川 朋範, 杉浦 幸之助, 的場 澄人, 庭野 匡思, 朽木 勝幸, 青木 輝夫: 野外におけるガス吸着式積雪SSA測定装置の運用, 日本雪氷学会北海道支部研究発表会, 札幌, 2015年5月.
  71. 八久保 晶弘, 山口 悟, 堀 雅裕, 谷川 朋範, 杉浦 幸之助, 的場 澄人, 庭野 匡思, 朽木 勝幸, 青木 輝夫: ガス吸着式積雪SSA測定装置開発の現状について, The 5th Snow Impurity and Glacial Microbe effects on the abrupt warming in the Arctic (SIGMA) Workshop in Toyama, 富山, 2015年3月.
  72. 八久保 晶弘, 山口 悟, 堀 雅裕, 谷川 朋範, 杉浦 幸之助, 的場 澄人, 庭野 匡思, 朽木 勝幸, 青木 輝夫: 等温変態過程における積雪比表面積(SSA)減少速度の温度依存性, 第37回極域気水圏シンポジウム, 東京, 2014年12月.
  73. 清水 勇希, 八久保 晶弘, 大野 浩, 竹谷 敏, 青木 輝夫: メタンハイドレート解離過程における比表面積測定, 雪氷研究大会2014・八戸, 八戸, 2014年9月.
  74. 淀川 貴雅, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: イソペンタンを包接するガスハイドレートの結晶構造, 雪氷研究大会2014・八戸, 八戸, 2014年9月.
  75. 中山 侑也, 清水 勇希, 八久保 晶弘: メタンハイドレートの水和数の圧力依存性, 雪氷研究大会2014・八戸, 八戸, 2014年9月.
  76. 中山 侑也, 八久保 晶弘, 奥田 充, 竹谷 敏: メタン・プロパン混合ガスハイドレートのラマン分光分析, 雪氷研究大会2014・八戸, 八戸, 2014年9月.
  77. 太田 有香, 八久保 晶弘, 竹谷 敏: シリカゲル孔隙中に生成したメタンハイドレートの熱分析および安定同位体分析, 雪氷研究大会2014・八戸, 八戸, 2014年9月.
  78. 八久保 晶弘, 清水 勇希, Gennadiy Kalmychkov, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, 高橋 信夫, 庄子 仁, Oleg Khlystov, Marc De Batist: バイカル湖天然ガスハイドレートのゲストガスの地域的特徴, 雪氷研究大会2014・八戸, 八戸, 2014年9月.
  79. 八久保 晶弘, 清水 勇希, O. Vereshchagina, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, 高橋 信夫, 庄子 仁, 竹谷 敏, Y. K. Jin, B. Baranov, N. Nikolaeva, A. Obzhirov: サハリン島西方沖タタールトラフの天然ガスハイドレートの特徴, 雪氷研究大会2014・八戸, 八戸, 2014年9月.
  80. 八久保 晶弘, 山口 悟, 堀 雅裕, 谷川 朋範, 杉浦 幸之助, 的場 澄人, 庭野 匡思, 朽木 勝幸, 青木 輝夫: 融雪初期における積雪比表面積の深度プロファイルの経時変化, 雪氷研究大会2014・八戸, 八戸, 2014年9月.
  81. 清水 勇希, 八久保 晶弘, 竹谷 敏, 青木 輝夫: メタンハイドレートの比表面積の測定, 日本雪氷学会北海道支部研究発表会, 札幌, 2014年5月.
  82. 八久保 晶弘, M. Schneebeli, 山口 悟, 堀 雅裕, 谷川 朋範, 杉浦 幸之助, 的場 澄人, 庭野 匡思, 朽木 勝幸, 青木 輝夫: 積雪の比表面積と粒径との関係, 日本雪氷学会北海道支部研究発表会, 札幌, 2014年5月.
  83. 八久保 晶弘, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, 高橋 信夫, 庄子 仁, O. Vereshchagina, Y. K. Jin, A. Obzhirov: サハリン島南東・南西沖の天然ガスハイドレートの特徴, 日本地球惑星科学連合2014年大会, 横浜, 2014年4月.
  84. 八久保 晶弘, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, 高橋 信夫, 庄子 仁, O. Khlystov, G. Kalmychkov, M. De Batist: バイカル湖ガスハイドレートに含まれる炭化水素ガスの水素同位体比, 日本地球惑星科学連合2014年大会, 横浜, 2014年4月.
  85. 八久保 晶弘, 山口 悟, 荒川 逸人, 谷川 朋範, 堀 雅裕, 杉浦 幸之助, 庭野 匡思, 朽木 勝幸, 青木 輝夫: BET 吸着法による積雪比表面積(SSA)測定 ―粒子形状がSSA 減少率に及ぼす影響―, 第36回極域気水圏シンポジウム, 東京, 2013年11月.
  86. 岩本 裕史, 八久保 晶弘, 坂上 寛敏, 竹谷 敏: 混合ガスハイドレート生成時におけるネオペンタンの選択的濃縮および排除, 雪氷研究大会2013・北見, 北見, 2013年9月.
  87. 松田 直樹, 八久保 晶弘, 竹谷 敏, 坂上 寛敏, 庄子 仁: メタン・硫化水素混合ガスハイドレートの解離熱測定, 雪氷研究大会2013・北見, 北見, 2013年9月.
  88. 清水 勇希, 八久保 晶弘, 竹谷 敏, 青木 輝夫: 粉末氷から生成したガスハイドレートの比表面積測定, 雪氷研究大会2013・北見, 北見, 2013年9月.
  89. 八久保 晶弘, 山口 悟, 荒川 逸人, 谷川 朋範, 堀 雅裕, 杉浦 幸之助, 庭野 匡思, 朽木 勝幸, 青木 輝夫: 積雪比表面積の経時変化に及ぼす温度および粒子形状の効果, 雪氷研究大会2013・北見, 北見, 2013年9月.
  90. 八久保 晶弘, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, 高橋 信夫, 庄子 仁, O. Khlystov, G. Kalmychkov, M. De Batist, O. Vereshchagina, Y. K. Jin, A. Obzhirov: 天然ガスハイドレートのゲストガス起源, 雪氷研究大会2013・北見, 北見, 2013年9月.
  91. 八久保 晶弘, 小竹 毅, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, 高橋 信夫, 庄子 仁, O. Vereshchagina, Y. K. Jin, A. Obzhirov: サハリン島沖テルペニヤリッジおよびタタールトラフの天然ガスハイドレート, 日本地球惑星科学連合2013年大会, 幕張, 2013年5月.
  92. 八久保 晶弘, 小竹 毅, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, 高橋 信夫, 庄子 仁, O. Khlystov, G. Kalmychkov, M. De Batist: バイカル湖における結晶構造II型ガスハイドレートの分布, 日本地球惑星科学連合2013年大会, 幕張, 2013年5月.
  93. 八久保 晶弘, 竹谷 敏, 坂上 寛敏, 庄子 仁: メタン・硫化水素系混合ガスハイドレートの解離熱およびラマンスペクトル, 第4回メタンハイドレート総合シンポジウム(CSMH-4), 東京, 2012年12月.
  94. 八久保 晶弘: ガスハイドレートのゲストガス同位体分別, 低温科学研究所萌芽研究 研究集会「H2Oを科学する・2012」, 札幌, 2012年12月.
  95. 八久保 晶弘, 山口 悟, 谷川 朋範, 堀 雅裕, 杉浦 幸之助, 庭野 匡思, 朽木 勝幸, 青木 輝夫: BET吸着法による積雪比表面積測定 ―吸着ガスの検討―, 第35回極域気水圏シンポジウム, 東京, 2012年11月.
  96. 八久保 晶弘, 戸丸 仁, 弘松 峰男, 松本 良, 奥田 義久, 南 尚嗣, 山下 聡, 庄子 仁, 高橋 信夫: オホーツク海網走沖海底堆積物中の間隙水溶存ガス組成および同位体比, 日本地球惑星科学連合2012年大会, 幕張, 2012年5月.
  97. 八久保 晶弘, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, 高橋 信夫, 庄子 仁, Y. K. Jin, O. Vereshchagina, A. Obzhirov: ラマン分光分析および熱分析によるオホーツク海サハリン島沖ガスハイドレートの結晶学的特性, 日本地球惑星科学連合2012年大会, 幕張, 2012年5月.
  98. 八久保 晶弘, 山口 悟, 谷川 朋範, 堀 雅裕, 杉浦 幸之助, 庭野 匡思, 朽木 勝幸, 青木 輝夫: ガス吸着法による積雪比表面積測定装置の開発, 日本雪氷学会北海道支部研究発表会, 札幌, 2012年5月.
  99. 八久保 晶弘: 積雪比表面積測定装置開発の進捗状況について, The 2nd Snow Impurity and Glacial Microbe effects on the abrupt warming in the Arctic (SIGMA) Workshop in Sapporo, 14-16 March, 2012, 札幌, 2012年3月.
  100. 八久保 晶弘, 奥田 充, 庄子 仁: 混合ガスハイドレートの解離熱測定, 第3回メタンハイドレート総合シンポジウム(CSMH-3), 東京, 2011年11月.
  101. 八久保 晶弘, 谷川 朋範, 庭野 匡思, 朽木 勝幸, 青木 輝夫: メタンを用いたBET吸着法による積雪比表面積測定, 第34回極域気水圏シンポジウム, 東京, 2011年11月.
  102. 八久保 晶弘: BET吸着法による積雪比表面積の測定, The 1st Snow Impurity and Glacial Microbe effects on the abrupt warming in the Arctic (SIGMA) Workshop in Tokyo, 13-14 October, 2011, 東京, 2011年10月.
  103. 大村 聖弥, 八久保 晶弘, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, 高橋 信夫, 庄子 仁, Oleg Khlystov, Marc De Batist: バイカル湖南湖盆・中央湖盆の天然ガスハイドレートの解離熱, 雪氷研究大会2011・長岡, 長岡, 2011年9月.
  104. 石原 一平, 八久保 晶弘, 柳川 勝紀, 戸丸 仁, 松本 良: 日本海上越沖の天然ガスハイドレート中の微量ガス成分, 雪氷研究大会2011・長岡, 長岡, 2011年9月.
  105. 朝倉 武士, 八久保 晶弘, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, 高橋 信夫, 庄子 仁, Oleg Khlystov, Marc De Batist: バイカル湖南湖盆・中央湖盆の天然ガスハイドレートの水和数, 雪氷研究大会2011・長岡, 長岡, 2011年9月.
  106. 八久保 晶弘, 巽 和也, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, 高橋 信夫, 庄子 仁, Oleg Khlystov, Gennadiy Kalmychkov, Marc De Batist: バイカル湖天然ガスハイドレートのゲストガスの多様性, 雪氷研究大会2011・長岡, 長岡, 2011年9月.
  107. 八久保 晶弘, 谷川 朋範, 庭野 匡思, 朽木 勝幸, 青木 輝夫: BET 吸着法による積雪比表面積測定 ―フィールド仕様の開発検討―, 雪氷研究大会2011・長岡, 長岡, 2011年9月.
  108. 八久保 晶弘, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, 高橋 信夫, 庄子 仁, Y. K. Jin, O. Vereshchagina, A. Obzhirov: オホーツク海サハリン島沖Lavrentyev海底断層南側の新領域で得られたガスハイドレートの特徴, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 幕張, 2011年5月.
  109. 八久保 晶弘, 戸丸 仁, 松本 良: 日本海上越沖ガスハイドレートのガス組成および同位体比, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 幕張, 2011年5月.
  110. 八久保 晶弘, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, 高橋 信夫, 庄子 仁: 表層型ガスハイドレートのガス組成および安定同位体比 ~データの解釈とその問題点~, 第2回メタンハイドレート総合シンポジウム(CSMH-2), 東京, 2010年12月.
  111. 八久保 晶弘, 奥田 充, 庄子 仁: 混合ガスハイドレート解離熱の直接測定, 第33回極域気水圏シンポジウム, 東京, 2010年12月.
  112. 奥田 充, 八久保 晶弘, 坂上 寛敏, 庄子 仁: メタン・プロパン系の混合ガスハイドレート解離熱, 日本地球惑星科学連合2010年大会, 幕張, 2010年5月.
  113. 小関 貴弘, 八久保 晶弘, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 庄子 仁: ガスハイドレート生成時のガス同位体分別に関わる要因の考察, 日本地球惑星科学連合2010年大会, 幕張, 2010年5月.
  114. 八久保 晶弘, 奥田 充, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, 高橋 信夫, 庄子 仁, O. Khlystov, J. Poort: 熱分析からみたバイカル湖ガスハイドレートのガス組成不均一性, 日本地球惑星科学連合2010年大会, 幕張, 2010年5月.
  115. 八久保 晶弘, 小関 貴弘, 坂上 寛敏, 南 尚嗣, 山下 聡, 高橋 信夫, 庄子 仁, Y. K. Jin, O. Vereshchagina, A. Obzhirov: オホーツク海サハリン島沖ガスシープ域における浅層コア中のガス組成・同位体比の特徴, 日本地球惑星科学連合2010年大会, 幕張, 2010年5月.

科学研究費補助金による研究(代表のみ)

ページの上部に戻る