お知らせ
  • 2023年1月25日
    環境防災工学コース・社会インフラ工学コースの2年生が「環境防災総合工学Ⅰ」、「オホーツク未来デザイン総合工学Ⅰ」での取組の成果をポスター発表しました。
  • 2022年11月21日
    社会環境工学プログラム大学院生(佐々木賢一郎さん)が土木学会令和4年度全国大会第77回年次学術講演会において優秀講演者賞を受賞
  • 2022年11月16日
    本学大学院生が公益社団法人土木学会令和4年度全国大会第77回年次学術講演会において優秀講演者表彰を受賞
  • 2022年10月31日
    本学大学院生がELR2022 つくばにおいて優秀ポスター発表賞を受賞
  • 2022年10月27日
    本学大学院生が第57回地盤工学研究発表会優秀論文発表者賞を受賞
  • 2022年10月6日
    社会環境工学プログラム大学院生が土木学会第27回舗装工学講演会優秀講演者賞を受賞

過去のお知らせをみる

JABEE

国立大学法人 北見工業大学

門田助教が土木研究所理事長表彰

 門田峰典助教が、令和4年度国立研究開発法人土木研究所優良業務等理事長表彰において奨励技術者として表彰されました。
 この表彰は土木研究所が令和3年度に発注した委託業務で、その成果及び業務への取り組みが特に優良であった受注者及びその技術者を表彰するものです。

 門田助教は前所属の株式会社オリエンタルコンサルタンツにおいて実施した「ステンレス鋼を対傾構に用いた鋼桁橋の解析業務」の担当技術者として表彰されました。

 この業務は橋の端部で荷重を支える端対傾構に、これまで橋の材料として使われることが少なかったステンレス鋼を用いた場合の検討を行ったものです。具体的には荷重の作用による変形や応力を解析し、部材の材料特性の違いおよび取り付け部のガセットプレートの寸法等の違いが変形量や部材連結部の破壊形態等に及ぼす影響を検討したものです。

 引き続き研究室でも橋梁に関する研究に取り組んで行きます。(2022.8.31)

 

ページの上部に戻る